クルマのエアコン・カビの臭いが取れない時

最終更新日

うちのクルマは13年目で17万キロ走っており、なかなかのポンコツです。ここ2年ほど、なにやらエアコンからオイルが腐ったような臭いがしてきており不快この上なかったのですが、ひょんな事からあっさり直ってしまいました。

ニオイがしだした約2年前、クルマにエンジンをかけるとエアコンも回り始めますが、吹き出し口からモアーと不気味なニオイが10分ほど出て、それから徐々にニオイは消えていく、繰り返しでした。クルマに乗れないほど不快でもないがなんとかしたいと思いいろいろ試してみました。

  • エアコン洗浄剤を購入(スプレータイプ、車内のエアコン吹き出し口からシューッと吹き込むやつで洗浄)→1週間でニオイ復活
  • エバポレーター洗浄剤(ノズルがついてて泡が出てくるスプレー)で洗浄→エバポレータ(エアコン内部の小型のラジエターみたいな形をした熱交換器)にガンガン吹きかけブラシでこするも効果なし
  • 外気取り込み口(ワイパーの前とか下とかそのあたり)の徹底洗浄→スプレー洗浄剤と高圧ホースでしっかり洗うも3日でニオイ復活
  • マシンによる徹底洗車→効果なし
  • 車屋で10000円のクリーニングメニュー→5日でニオイカムバック

ちなみに、完全室内保管なので雨が降った後とかは車庫内がだいぶ湿っぽくなります。それがいけないのかなーとか思っていましたけど違いました。

で、ある日、てか暑くなり始めた最近なのですが、クーラーの効きが悪くなってきたので車屋に持っていったところ、エアコンのコンプレッサーが動作しておらず、「コンプレッサーをON/OFFするリレースイッチ」「エアコンガスの充填」の交換をしてもらいました。するとすると、エアコンがよく効くようになりました。そして、1週間ほど経つとなんと、エアコンからしていた、かび臭いニオイも、すっぱり消えてなくなっていました。

そういや車屋での整備から引き上げるときに、整備士の兄ちゃんが「エアコンついでにクリーニングしておきました〜」と言っていたのですが、引き上げた直後はまだニオイが残っていて、冷えるようになったからまあいいか、と思っていました。それから1週間。いままでのニオイは完全に消えていました。

コンプレッサーの調子が悪かったときは、当然ですが熱交換が行われないのでエアコン内の結露もしません。なので、結露を排水する装置まわりに汚れやらなんやらが堆積した状態になっていたぽいです。実際、エアコンが直った後クルマで走り回って帰宅すると、エアコンの排水がピンク色をしており、これまた嫌なニオイがしていました。

結論:クルマのエアコンの悪臭がハードクリーニングしても取れないときは、エアコン=コンプレッサーの調子を疑え。

BB1100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする