放送レベルHD-SDI信号の低帯域、超低負荷PC収録:ffmpegを使ったストリームのファイル化方法

最終更新日

民生機器~業務用機器の充実により、放送レベルの映像をかんたんにPCに収録できる時代です。これを発展させれば簡易映像サーバーや、映像ファールのネットワーク化ができます。エンコーダの能力にもよりますが、ファイルは概ね15Mbpsでエンコードすると十分に使えるレベルになります。映像プロダクションにおける映像ネットワークを構築するヒントについて、共有したいと思います。

■やりたいこと

放送レベルのデジタル映像、音声をファイル化し、民生機、一部業務機を組み合わせて映像サーバーネットワークを構築したい。

■構成要素

  • IPエンコーダ:H.264でエンコード 
  • Win10 PC(+大容量HDD+NASとか):収録機 
  • ffmpeg:H.264の映像信号をPCにてファイル化 
  • 場合によりスキャンコンバータ:1080i→pへの変換

■流れ

入力信号→IPエンコード→PCに取り込み→ファイル化

■今回使用する要素

  • IPエンコーダ:Panasonic:AG-UMR20 
  • スキャンコン:グラスバレー:ADVC-G1 
  • 収録機:そこらへんの低スペックPC+1TB HDD 
  • NASもあり 
  • スイッチングハブ:なんでも可 
  • ffmpeg:Webからダウンロード

■接続

下の図のように接続します。IPエンコーダまではSDIケーブルもしくはHDMIケーブルを接続します。また、IPエンコーダとハブ、PC、NASの接続はイーサネットケーブルを使います。あと、適当にIPアドレスを振り分けます。言わずもがなですが、スキャンコンやIPエンコーダのへの入力はSDI信号、それ以降はイーサケーブル接続によるIP信号です。

■PCの準備

ffmpegをインストールします。

こちらのリンクhttps://ffmpeg.zeranoe.com/builds/、Versionは4.2.2など数字が書いてあるものを選択、OSを選択、LinkingはStaticでOKです。その後[Download Build]をクリックし、Zipファイルをダウンロードします。ダウンロードしたZipファイルを解凍し、出てきたフォルダをまるごとC:ドライブのルートフォルダに移動します。このとき、ffmpegの要素が入ったフォルダの名称をここでは「fm」とします。このフォルダの名称は、後にffmpegを起動するときに使用します。

つぎにPCのIPアドレスを手入力します。コントロールパネル→ネットワークと共有センター→イーサネット→プロパティ→インターネットプロトコルバージョンを選択してプロパティを開きます。「次のIPアドレスを使用」を選び、IPアドレスを記入します。このとき、入力するのはIPアドレスとサブネットマスクだけで大丈夫です。

■ストリームの開始

IPエンコーダからストリームを開始します。ストリームアドレス(PCからストリームを取りに行くためのアドレス)は機器ごとに違うので説明書等で確認しておいてください。たとえばUMR20だとrtsp://192.168.0.1/mediainput/h264/stream_1とかになります。PCでのプロセスは飛んできたストリームをコピーしてファイル化するだけなので、例えば3つのストリームを同時収録しても5%ぐらいのPC負荷です。

■ffmpeg起動スクリプト

ストリームを再生するだけのスクリプト

"C:\fm\bin\ffplay.exe" -fs -rtsp_transport tcp -i rtsp://192.168.0.1/mediainput/h264/stream_1

ストリーム収録スクリプト

@echo off

echo %date%
echo %time%
 
set yyyy=%date:~0,4%
set mm=%date:~5,2%
set dd=%date:~8,2%

set time2=%time: =0%

set hh=%time2:~0,2%
set mn=%time2:~3,2%
set ss=%time2:~6,2%

echo Pana Recording

"C:\fm\bin\ffmpeg.exe" -re -rtsp_transport tcp -i rtsp://192.168.0.1/mediainput/h264/stream_1 -vcodec copy -acodec copy -t %dur% D:\TEST_%yyyy%%mm%%dd%-%hh%%mn%.mp4

■ご参考

IPエンコーダはAJA HELOなどIPエンコードできるものなら同じ要領で収録可能です。

BB1100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする