GA-2100の弱点!〜最新標準G-Shock

最終更新日

GA-2100を購入したのでレビューします

モデル:白いインデックス&時分針

安定のG-Shock、完璧な機能性、値段も安く電池の持ちも最高。シンプルデザインなアナログは今まで珍しかったので、あらゆる年齢、シチュエーションにも対応できます。クルマで言うとフィットがデビューしたときの衝撃に近い。ですが、実はG-Shockとしては改善の余地がある印象です。

<いいところ>

  • 軽い:着けてる感じがしないほど軽いです。
  • バンドも一番柔らかく軽い、幅狭5600系です。
  • スポーツ万能なヤツです。
  • つけ心地もGood:アナログ時計にはよくある
  • リューズの出っ張りがないので、手の甲に刺さる感じがなく超快適です。
  • スーパーシンプルな白インデックスと白い針でとても見やすい。真っ暗闇でない限り時刻は読めます。
  • 安い。
  • 電池は過去の経験からおそらく4年は持ちそう。
  • 機能は標準的G-Shockレベル。
  • 文字盤、液晶のダブル照明がとてもいい。
  • どんな服装にも合う。いい意味で主張しないが、
  • 時間を見たいときは0.1秒で時刻を教えてくれる感じ。

<要望するなら>

  • 今は品薄な模様。生産数はこれから増えていく?
  • オートライト機能つけて。
  • Bluetoothスマホ連携にすれば全世界で時刻の自動補正ができる!
  • タフソーラー仕様はそのうち出てきそう。
  • バンドラグ部が脆弱。構造変更等、強化が必要。

<カスタム>

  • 5600系バンドの転用→メタルコアはおそらくつきます。交換時にバンドラグが破損したので交換後の写真はありません。
  • ウレタンバンドは上下逆=6時側にバックル金具がついたバンドをつけると、バンドをゆるめにしていても、時計本体が小指側に回らずナイス!

 →時計ゆるめにしたい人はこれはマジ試してみて。

G-Shockだけに衝撃!GA-2100の弱点

通常使用ではおそらく問題ないと思うのですが、バンド交換時、バンドを固定しているピンがうまく外れなかったため、ピンをニッパでぱちんと切ったところ、ラグ部分がポロッと破損しました。

問題点は2つ、①ラグ部が細い。プラスチックなのにラグが金属ボディの時計と同じ構造=強度が足りないことは明白。②カーボン繊維が入っていない。カーボンボディ、とのことですがカーボン素材はコアガード、内部のみなのでしょうか。このラグ部分にはカーボン繊維は通っていないようでした。カーボン繊維が通っているプラスチックでは折れることはあってもカーボン繊維でつながっているため簡単には切り離れません。構造上の問題、素材上の問題双方が原因のようです。購入して2ヶ月程度なので経年劣化はありません

ちなみに他のG-Shockのラグ部分は、ラグ部分の厚みが2倍近くある上、ラグの文字盤側がパネル結合できちんと補強されており、バンドのピンを左右から保持しているアームを文字盤側のパネルで「コの字型」にしっかり受け止めている構造になっています。これだと安心です。まず壊れません。

「コの字型」になっているラグ部。簡単には壊れません。
GAW-100:ラグの文字盤側はパネル構造になっていてバンドの付け根が見えない=強い
他のモデルのラグ部厚みは1.5倍〜2倍程度
破損部:カーボン繊維が通っていないため折れた部分はポロッと外れる

もちろん、通常使用では問題ないのですが、以前のモデルよりもラグ部の強度は明らかに低下しています。それ以外は、とってもとてもいい時計なんですけどねぇ。でもこれ、多分もう1本買っちゃいます。そして最強を謳うG-Shockですのでこのあたりはそのうち確実に改善されていくと思います。

G-SHOCK カシオ Gショック 八角形フォルム カーボンコアガード 腕時計 メンズ GA-2100-1AJF

BB1100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする