株・FXはやめておけ。

最終更新日

株は怖い。私自身もえらい目にあったことがあります。逆に、この記事に当てはまらない人はやってみると良いかも。

株はなぜ勝てないか。これはシンプルです。「株式市場はあなたを儲けさせるために存在しているのではない」からです。株で一番儲かるのは、上場前から株式を持っていた人、つまり上場する会社を経営している人、そしてその会社に初期のころから投資していた関係者です。ほとんど価値ゼロだった株式が、上場した途端にどんどん上がって一気に億万長者…。要するに、伸びる可能性のある会社が、そのペースを加速させるために、市場(つまりあなた)からお金を吸い上げる一大システムなのです。関係者を除いてそこで勝てる人というのは、

  • 特殊な嗅覚を持っている人
  • 自動売買用の超高性能コンピュータとアルゴリズムを持っている人
  • 市場そのものをコントロールできる人

に限られます。金融ゲームはより効率的に、世間のお金を集めて集中投資することを目的に、私たちをそそのかします。日本人全員に1億円ばらまいても一人1円、初詣の賽銭にもならないが、賢い一人に1億円あげるときっとうまく使ってくれるでしょうという、そういう思想のもとに成り立っています。ちょっとやってみようかな、と思っているあなた。少し考えてみてください。

10万円で株取引、FXをスタートします。良い額だと思います。お金のことも色々学べて、今まで見向きもしなかった日経新聞、経済誌を読むようになるでしょう。そこで書かれたいろいろなことを、興味を持って勉強できるようになるでしょう。そして3日ほどして少し儲かります。10万円が11万円になったりとかします。ここで、あなたは思います。「3日で1万か。悪くない。このペースで1年やって、2勝1敗なら100万ぐらい儲かるかも!」…儲かりません

イーブンで考えたとします。勝率50%だとすると普通に考えてマイナスです。手数料、両替時の差額などです。百歩譲って、売買しなかった場合にも配当やスワップ金利なんかがちょっと(年間数%)もらえます。本来はこのちょっとしたおまけを目的に投資する、というのがまっとうな方法です。

先程の続きです。あなたは巧みに取引を繰り返し、運良く1年で100万円儲かったとします。ここまでセンスのある人は多く見積もっても30人に1人ぐらいでしょう。クラスで一番成績が良い、ぐらいの確率です。ポイントは、あなたがここで100万円儲かったとすると、そこでやめますか?クラスで一番取ったら、次は学年一番取りに行きません?つまり、100万儲かったら次は500万目指しますよね。で500万儲かったら1000万、2000万、5000万、1億…というふうに、目標はどんどん上がっていくのです。で、その何千万かの収益は、80歳になったときに使おうと思っていますか?違いますよね。今、まだまだいろんなことをしたい今、自由になるお金がほしいと思っていますよね。そこでレバレッジですよ。

10万円を元手に100万円を借りそのお金で100万円分の株なり外貨を買う。そして10%値が上がったらその100万円の10%なので10万円儲かる、というのがレバレッジ(てこ)です。これはすごいですよね。10%値上がりするだけで、もとのお金が2倍になる。この快感に一度ハマるとやめられません。これが危険なのです。逆に10%値が下がると、10万全部が消えてなくなります。

投資は最初、慎重にやっているうちはうまく行くことが多いです。それがコツがわかってきて、回収期間を短縮しようと効率を考え出すと危険です。大きなレバレッジに手を出すからです。レバレッジをかけるとどうなるか。

9勝1敗でも破産します。

こつこつ勝って、10万を10回、100万円勝ったときに一気にレートを上げる。レバレッジをかけた投資をすると、あっという間に100万円はなくなります。でも、100万円を儲ける力があれば、桁が違うだけでやることは同じなので1000万円もイケる!と思いますよね。それはかなりの確率で正しいかもしれません。で、1000万円を同じ方法で儲けた場合、次は1億目指したとします。その頃には自信も付き、レバレッジも徐々に大きくなってきていると思います。

そこでどういうことが起こるか。市場をコントロールするスーパー資産家層人間の1億倍ぐらいのスピードで取引できる売買コンピュータが、利益を確定します。あなたがコツコツ買い足したことで価格が上がると、その高い値段のうちに資産家層は大量の株式を売却します。これで一気に相場が崩れます。上級者たちの売りのタイミングは、彼らしか知らない情報がきっかけになっていること、もしくは彼らが仕掛けたことが多いです。このとき、ほんのワンテンポ遅れを取ってしまった、あなたの資産はレバレッジ効果もあり、儲かったときの100倍のスピードで減少します。これが、素人が勝てない理由です。ちょっとぐらい儲かっても、取引そのもので儲けを出そうとしていると人生トータルでは必ず負けます。取引の上手さで稼げる人は、もうほんとにほとんどいないからです。確実に勝てる層は、圧倒的な資金パワーを持っていて、市場をある程度コントロールできるからです。

ブログとかで「私は儲けた!あなたもできる!」的なノウハウを売っていたりもしますが、まぁ確かに自己流でやるよりはリスクは低いと思います。ノウハウ自体数万円〜しますが、お金を払って得た知識には、人間素直に従います。せっかく買ったノウハウを使わずに損することは避けたいでしょうから。で、それで儲からなかったとしても、ノウハウにかけたお金ほどは投資で損はしないはずです。引き際もなんとなくわかるからです。

繰り返します。資本市場に全力勝負を挑むのは絶対やめましょう。自前取引の株、FXは9勝1敗でもトータル負け。根拠レスな自信がある方はリミットを決めて挑んでみるのも悪くないですが、これは覚えておいてください。もっと堅実な資産の増やし方があります。それは投資信託です。基本的にほったらかしの不労所得を目指すもの。超富裕層は投資信託をとても良く利用しています。

→参考記事:投資信託のススメ1の2

BB1100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする