半地下倉庫付き!おもろ便利な格安物件590万円:昭和な下町、尼崎市

最終更新日

尼崎市って、なんとなく怖いイメージありますけど、そんなことは全然ないですよ。確かに、金持ちばっかりの高級住宅地ではないですけど、いい意味で下町な感じ、都心の日本人が40年前に置いてきた昭和の香りを非常に色濃く残す、好きな人にはたまらない町です。

特に個人的に好きなのは阪神沿線。今でも時が止まったかのような路地裏の家々はとてもフォトジェニックです。同じ尼崎市でもJRや阪急沿線は日本の他の都市と同じく近代化されすぎていて、もう街の特色とか独特の匂いとかそんなものはなくなっています。古いものはどれだけ時が過ぎても古いままです。新しいものはすぐに褪せていってちょい古いものになってしまうんですけどね。

この物件はおもろいです。そのまま住んでもいいですが、DIYで手直しするのがいいと思います。なんと言っても使い勝手の良さそうなコンクリート構造の半地下倉庫。車はまぁ小型のオープンスポーツカーなら入るかもしれませんが、バイクを何台か置けるかと思います。半地下は敷地面積まるごと倉庫ですからね。バイクを置かずとも、インダストリアルなデザインでキメて、趣味の部屋や仲間と集まる場所とするのも上々です。インダストリアルなデザインというのはこういうやつです。とても男っぽい部屋ですよね。憧れます。物件リンクはこちらです↓

Suumo おもろい物件

あと、この物件のいいところは立地です。尼崎市の阪神沿線は何がいいって大阪へのアクセスの良さが抜群に良いです。この物件から徒歩3分のセンタープール前駅からは梅田まで20分かからないぐらいです。近隣には、スーパーを始めホームセンターやカー用品店、家具店、スポーツ用品店なども入っている大型ショッピングセンターのアマドゥ、きれいでリーズナブルな温浴施設・みずきの湯が徒歩圏なのが高得点です。

格安な戸建てを探すときにイメージすべきは「リノベーション」です。

格安物件がなぜ格安かといえば、それは素材として売り出しているからです。はじめからきれいに設えられた近代的な建物は当然ながら高いです。最新の新品部材をふんだんに使って、大工さんや工務店、建設会社や住宅販売会社が多数絡んでいるので自ずと非常に割高になります。なので、格安にかっこいい家に住むためにはとにかく「古い物件をリノベーションして使う」が鉄則です。およそ半額でイカした家に住むことができます。

そういった視点からこの物件を見ると、素材としてはとても面白い物件です。他にはない、ただの建売ではない魅力的な物件です。

BB1100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする